Fanfare Fiction Himitsu
Official page Sumika twitter

SUMIKA


Shunkashuto Lyrics

Sumika 「春夏秋冬」 歌詞

[Verse 1/バース 1]
桜の予報も虚しく
大雨が花を散らせた あぁ あぁ
4月の風 少し寒くて
夜はまだ長くて
湿気った花火の抜け殻
押入れで出番を待った あぁ あぁ
煙たがっている
でも嬉しそうな 君を浮かべた

[Pre-Chorus/ プリコーラス]
本を読み込んで
君は真似しだして
いつの間にか膝の上で眠って居た秋
寒いのは嫌って
体温分け合って
僕は凍える季節も あながち嫌じゃなくなって

[Chorus/コーラス サビ]
ありがとうも さようならも 此処にいるんだよ
ごめんねも 会いたいよも 残ったままだよ
嬉しいよも 寂しいよも 置き去りなんだよ
恋しいよも 苦しいよも 言えていないんだよ
また風が吹いて 思い出したら
春夏秋冬 巡るよ

[Bridge/ブリッジ]
ご飯の味 花の色
加工のない甘い香り
人肌を数字じゃなく
触覚に刻んでくれた
鼓膜には ah 特別な ah
五感の全てを別物に変えてくれた
Oh, yeah

[Pre-Chorus/ プリコーラス]
今更ね あれこれね

[Chorus/コーラス サビ]
ありがとうも さようならも 此処にいるんだよ
ごめんねも 会いたいよも 育っているんだよ
嬉しいよも 寂しいよも 言葉になったよ
恋しいよも 苦しいよも 愛しくなったよ
また風が吹いて 君が急かしたら
そろそろ 行かなきゃ 僕の番 oh

[Outro/アウトロ]
何千回 何万回でも 思い返してもいい
何千回 何万回 次の季節の為に
春が来て 夏が来て 秋が来て 冬が来る
そしてまた春に 次のまた春に
新しい君と やがて来る春に

Hottest Lyrics with Videos
414d0fb53536e876f20e92c7f837d955

check amazon for Shunkashuto mp3 download
these lyrics are submitted by itunew3
browse other artists under S:S2S3S4S5S6S7S8S9S10S11S12S13
Songwriter(s): Kenta Kataoka
Record Label(s): 2018 Sony Music Records
Official lyrics by

Rate Shunkashuto by Sumika (current rating: 7.36)
12345678910
Meaning to "Shunkashuto" song lyrics
captcha
Characters count : / 50