ALICE NINE


G3 Lyrics

傘はささずに居る 雨音達 踊る ワルツを
 肩で感じていたくて いま 瞳は閉じた

 冷たくなってしまうほど 確かに感じる温度は
 胸で燃える 青い火のようで

 また愛してると言って ありふれた言葉
 届かない 届かない きみの背中

 もう叫んだ願いも 雨に流されて
 忘れられぬまま

 薔薇は散りかけたね 甘い痛み 残す思い出
 遅いことはないはずで また 歩き出すから

 手のひらに残る香りを 忘れてしまう その前に
 筋書きさえ書きかえてゆくよ

 また願えば傷つき 涙はたえない
 わかってる わかってる 僕の弱さ

 でもきみに触れたこと 過ごした季節を
 無駄にしたくない

 数えきれないよ きみがくれたもの
 記憶の中で せめて そばにいたい

 悲しみを消して 愛しさを消して
 楽になれられるなら 忘れられるかな

 また愛してると言って ありふれた言葉
 届かない 届かない 君の背中
 もう叫んだ願いも やがて虹になり
 光が差すまで

Correct these lyrics

Watch Alice Nine G3 video
Hottest Lyrics with Videos
5f02f337f78d974ba7ac67b29d15f267

check amazon for G3 mp3 download
these lyrics are submitted by BURKUL4


Official lyrics by

Rate G3 by Alice Nine (current rating: N/A)
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
Meaning to "G3" song lyrics no entries yet
required
capthca required

Characters count
: min. 50 characters